2013年04月17日

密かなモノ作り計画

8ミリ映写機・・・なんて古いんでしょう〜、しかしそこには映画の原点をみることができる。つまり、パラパラ漫画に動きが出るように。
1秒間に18コマの画像を見て目の錯覚というか、動いて見えるわけだ。これは動画の原理を学ぶものとしてぜひ残しておきたい。
しかし、映写用の電球もそのうち製造中止になるかもしれない。でもだいじょうぶ、今超ちょう高輝度のLEDが出てきた。これをランプハウスに組み込めばいいのだ。

次にフイルムだ。これはなにか透明なテープにパソコンで同じような画像をたくさん印刷してつくれないか。かんたんなアニメぐらいだったら作れそうな気がする。そうすればあのレトロな映写機でカタカタやって動画をみることができる。・・・かもしれない。
posted by へいへいぽーら at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック