2013年06月15日

カメラの個性

2月、3月、4月、5月とネットで買った7台の8ミリカメラ・・・それぞれのカメラにはそれぞれの特徴がある。
IMG_0704c.jpg
@フジカP100は気軽に持ち歩けるカメラであるが、ジャンクで買った1台目はモーターが動かなかった。2台目の1円で買った
 ほうが動いた。欠品を1代目からとって完成。しかし古いのでちょっと撮影には不安。もうすこしテスト撮影したい。
AフジカZ450は割と多く出回っている。1コマ撮りができる。ファインダーが見やすい。グリップははずせない。入手したものは
 リモコンができなかった。バッテリーチェッカーも光らない。1コマにして電池を入れっぱなしにしたら発熱した。危険で使えない。
Bエルモ8S40Tはコンパクトで軽い。これで4倍ズーム。タイトラーがついている。逆転映写ができる。グリップがはずせる。
 最初は接触が悪かったので磨いたら動いた。ファインダーは暗くちょっと見づらいが、きれいに写っていた。暗いところも強い。
CフジカZXM550はサウンド機だがサイレントフイルムでも秒18コマで大丈夫。1コマ撮りができ、電磁シャッターなのでインターバル
 リモコンをつけて1コマ撮りができるすばらしい性能。入手したものはオートズームのスローがきかない。フイルムカウンターが動かない。
DAX100はP100同様に気軽にバッグに入れて持ち運び、撮影が楽しめそう。入手したものは電池室の液漏れを直した。
 まだテスト撮影していない。F1.1と明るいレンズがついている(そのぶんシャッター速度が遅いわけだが)。
Eエルモ8S60は6倍ズーム。まだフィルム室のモルトを直してない。これも逆転映写可能。シャッターはフタをパカっと開けて撮るのが
 きもちいい。露出はマニュアルもついているのでフェードイン、フェードアウトできる。グリップははずせる。
FこのほかZM800は8倍ズーム、EBCフジノンレンズだがアトムレンズである。普段人から2m以上離れたところにおいておきたい。

それぞれ、気軽に写したり、逆転特撮したり、1コマ撮りしたり、ズームをきかせたりとそのシーンに応じて使い分けるとおもしろい。
一応これでカメラの収集は終りにしようと思っている。

補足:ZXM550はサウンド機なので、カウンターもサウンドフィルム用になっているようだ。動かないわけではなく、3分の1までは動く。
posted by へいへいぽーら at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック