2013年07月02日

ためし撮り2

 2本目のためし撮りがレトロから上がってきました。ZXM550で箱根旅行は遠くの景色とロープウエイも良くうつってた。
コマ撮りもZXM550で人形を少しずつ動かして撮った。まあまあの動き。なめらかにするには大変だ。
あと、人形を寝かしてたのを次の瞬間起こしてゾンビのような動きにしてみた。数体の人形が次々に起き上がってくる。
エルモ8S−60では犬がズームアップして表情がよくわかった。6倍ズームは迫力がある。露出も正確。
さらにカメラを変えてAX100だが、トラブルで引っかかった。スイッチが入ったまま、キュルキュル言ってたので
すぐフタをあけ取り出すしかなかった。家に帰ってフイルム押さえのバネをゆるくしたら動いた。何回か取り出したので
かぶったり、巻き戻ししたのでオーバーラップのようになってしまった。人形アニメが少し犠牲になった。いらないフイルム
を入れて一応動くことを確認(このフイルムはあとで巻き戻して何回でも使用。)AX100で気を取り直して室内で犬を撮影。
近すぎて(1.5m)ピントがすこしぼけた。2mくらいは離れないとだめ。あと1コマ1コマがぶれているような気がした。
次にP−100、ピントは合ったが露出アンダーとなる。少し暗い。露出用電池に1.55Vのものを使ったせいか。

 ZXM550をインターバルでコマ撮りするのは大変だが確実におもしろい。犬の動きもインターバルでとってみたが
おもしろい動きだ。玄関前でいろんな位置に動いたり座ったりするのがわかる。

 さて、ピントや露出がOKなのはZXM550、エルモ8S−60、前回試写したエルモ8S−40T、
ちょっと露出が不安なのがP−100、ピントと手ブレに不満なのがAX100(ただし写ったのにはびっくり)
もうすこしP−100を外で使ってみよう。P−100は本当にデザインがほれぼれする。これがつかえれば一番いい・・・。
あとZ800のためし撮りがまだしていない(どこかズームをきかせる被写体で)。Z450は分解できたら整備したい(漏電)。
posted by へいへいぽーら at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック