2013年07月16日

やってみたい特撮いろいろ

考えられる特撮を羅列してみよう。
  1.定番の消える、現れる、変化する。瞬間移動する。(どのカメラでも)
     a:背景はそのままでいったんカメラをとめ、人を写さず背景だけに
       すれば、パッと消えたように見える。
     b:同様に急に現れたり、急に変身したりできる。またジャンプして
       カメラを止め別な場所でカメラを回しながらそこに降りてくれば
       瞬間移動で降り立ったようにみえる。
  2.逆転撮影(エルモ)
     a:車や犬が後ろ向きに走る。そのときわざと自分だけ後ろ歩きす
       れば映つた映像には自分だけが前向きに歩くことになる。   
 
     b:また高いところから飛び降りてそれを逆転でとると忍者がすごく
       ジャンプしたように映る。
     c:手裏剣やナイフを木に刺しておいてテグスで引っこ抜くと木に隠
       れた顔すれすれに手裏剣がささったように見える。
     d:タイトル文字を砂などに書き、波で壊れる様子を逆転撮影。
       乱れた状態の砂がしだいに整ってタイトル文字が現れる。
       水に書いたマーブル文字などでもおもしろい。
       昔の「ウルトラQ」がそれだった。
  3.スーパーインポーズ多重露光
     エルモのタイトラーが出来るタイプでは両方を開けるとレンズと
     タイトラーのほうと両方がまざってうつってしまう。
  4.カメラを横にして横に飛んでるように見せる。スーパーマンのような
     ヒーロー。
    バックは青空。または写真
  5.スローモーションを使い、高いビルから破片が落ちてるように見せる。
  6.しだいに露出を明るくし、白くとばしてしまう。地球の破滅など。
  7.昼なのに露光不足で夜に見せる。
  8.1コマ撮りでアニメーション、またはジャンプしたときだけ撮影して
    空中浮遊。
    倒れてた人形がすくっと起き上がる。歩く、集合する。
    犬にいろんな動作をさせ、ありえない踊り。
    花の開花、駅の人の流れ、定点観測など
  9.接写の世界。ミニチュアをとる。(マクロ機構つきレンズ)
 10.長時間露光で夜景をとる。(自作改造機)

     
posted by へいへいぽーら at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック