2013年09月06日

長時間露出用クランクを自作 (FUJICA Z800)

長時間露出のためのクランクを自作しました。
ボールペンのうしろのプラスチックを加工した。
2mmの穴を開け、鋸で溝を切った。溝にそった部分にクランクの穴をあけた。
その穴に入れる銅線は3mm径で、ハンドル部分はペンチで直角に曲げた。
これで夢だった1コマ撮りの長時間露出ができる!!
あとは実行あるのみ。電源を使うか使わないかは検討中。
5秒程度なら使い、長い場合(星など)は電池を抜いて手動でと考えている。
kuranku.jpgku.jpg
posted by へいへいぽーら at 20:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やりかたは・・・たしか

シャッターを押すと回転しますので、一回転で一コマなので、
手で止めれば一コマどりできます。長時間は手で押さえて
シャッターを切り、長時間露光していいところで一回転巻き上げます。

巻き上げる前に全面を黒い紙で覆うといいかもしれません。
シャッターが開いているかどうかは、フイルムの入れてないときに
強力なマグライトでレンズ側から光をあてて、フイルム面に光が来て
いるか確認してください。そうした実験をして理解したうえで撮影
しましょう。


Posted by へいへいぽーら at 2015年02月05日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック