2013年11月17日

まるで8ミリ、ムービーダイジェスト機能

コンデジはキャノンIXY32Sを使っているが、おもしろい機能がある。
ムービーダイジェスト機能に設定すると、写真を1枚撮ると同時に
シャッターを押した前か後の3秒くらいの動画が記録される。その細切れの
動画は、1日で1つのファイルとして貯めていくので、あとで通してみることが
できる。サイレントで、場面がどんどん切り替わり、まるで8ミリを見ているみたいでおもしろい。
いちいち動画モードと写真モードをきりかえたりしなくていいのも撮影に集中できて非常にいい。
あと、8ミリのようにどんな動画が写っているのか漠然としかわからないのもいい。
まるでフイルム現像ができあがってくる時のような期待感がある。
これはおまけの機能でなくまさに映像革命なのではないか。
メインで使ってもっと使い込んだらおもしろい作品がたくさんできると思う。
もっとも、視聴覚機器に関しては使い込む前に時代が変わって、機材も変わってしまうのが
これまでの世の常だったが・・・。今新しがっているものもすぐ古くなる。
しかしこの機能は8ミリやビデオなどを人が使うことの本質を突いた機能だと思う。
例えば、「スライド」はもうプロしか使われなくなってもデジカメの「スライドショー」のように
機能や考え方は残っている。そういった意味でも、よく考えたと思う。
posted by へいへいぽーら at 20:50| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。