2013年11月30日

活動写真リバイバル

フイルムが手に入りにくい今、大変貴重である。
そこで、フイルムの節約方法だが、昔の活動写真のように
字幕を間にいれて時間をやりすごす手がある。
字幕もモノクロフイルムだが、いざとなれば、透明フイルムに印刷し、
何回も消したりして使い回しをすればいい。
あるいはリーダーテープを黒く塗って、針で穴をあけるとか。
まったく暗転の時間にしてしまうとか・・・。
また、静止映写やスローのできる映写機が貴重になってくるだろう。
秒9コマで映写表現したらどうなるか?おもしろいかも。
posted by へいへいぽーら at 21:17| Comment(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。