2014年02月06日

P300など機材調整

 P300は露出用電池として補聴器用の1.4Vを2個使った。
アルミ箔を丸めて厚さ調整およびぐらつき防止に使っている。
他のカメラと比較して絞りが正しい値になるかよく調べたい。
その他ピントが合うかなど、やはりためしは必要か。そろそろ
部屋を片付けてカメラの修理に専念しようと思う。どこをどう直せば
いいのか忘れてしまいそうなので・・・・
 なおすのは、ZX550の配線はんだづけ(これにより、ズームのHiとLoの両方復活するはず)、
AX100の電池BOXをしっかりしたものにする(ときどき電池の位置がわるく止まってしまう)、
Z800は電気的接点時々不良、そろそろ内部腐食か
また、編集エディターを分解してもっと明るく見えるように改造したい。
機材がしっかりすれば、仲間をふやしてカメラをもたせ、みんなで楽しむことができる。
ZM800は放射線の線源用にあげてしまった。弱いがZ800、エルモの8S−60がある。
エルモはいまのところ不具合なし、特に8S40TBは軽くて使いやすい。

posted by へいへいぽーら at 22:40| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。