2015年01月05日

絵コンテ(兼台本)は10枚シール用紙の形式で

IMG_1110z.jpg
 デジカメのスライドショーと名刺のプリンター用紙を見て考え付いたことです。

デジカメをクレードルの上に置いてスライドショーにしておき(上の写真)、
見る人に昔の活動写真のように文字パネルなども入れて説明するとわかりやすい
だろうなどと考えた。それならその文字パネル作りは予めワープロで文章を作っておいたらよ
いだろうなどと思い至った。そして一太郎を開いて実際文章を打ってみたが、まてよ、
区切りがないなあ、一つ一つのカードのようならいいなあと思い、それなら紙芝居のように
してしまおう、ここは名刺みたいなカードの用紙形式をつかおう。

一太郎のワープロソフトで書式>文書スタイルで10枚のシールの用紙形式を選ぶ
説明の罫線を5行ぐらいにして言葉を書く、2枚目は写真や絵コンテとする、3枚目はまた説明、
というふうに交互に映画のすじとナレーションなどを思い浮かべて書いていくと絵コンテの台本が出来上がる。写真や絵は「挿入」「絵や写真」とか「差し込み」「枠作成」などで・・・

印刷はシール用紙ではなく普通の紙にすればよい。
ファイル保存もできるし、増刷りもできるので簡単便利?(やってみないとわからないが)
posted by へいへいぽーら at 13:04| Comment(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。