2016年12月30日

宇宙エレベーターの悲劇

宇宙人がやってくる。円板の中心から光が出て、人間が吸い上げられてしまう。
これがじつは宇宙エレベーター。
しかし、空想はおいといて、本当に宇宙エレベーターはできるのか?
大気圏より上ならできるかもしれないが、地上から乗るのは無理だろう。
それは大気は薄いと言っても日々日常で風や雨、嵐や竜巻を体験してわかるように
自然の力はものすごい。そういった擾乱を無視してエレベーターはできない。
だから、ある程度上空に行き、大気がなくなった場所からでないとむりではないのか?
しかし、今本気で取り組んでる人たちが作っている宇宙エレベーターがもし
完成したとして、おそらくそれが使われるのは地球以外の大気がない場所だろう。
例えば月とか・・・地球以外の大気のない天体に行き、
資源をごっそりとるために使われることだろう。
そうすると、他の国が黙っていない。資源をめぐって争いがおきる。
これが宇宙戦争のはじまりだ。かくして夢のような計画だったはずの技術が
悪用、というか人間の欲望のせいで悪い方向へと使われてしまうのだ。

posted by へいへいぽーら at 23:42| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。