2018年02月04日

動かない動画

映画の初期のころ、日本では活劇というか、とにかく
動きのあるチャンバラなどがはやった。
貴重なフイルムを使うのだからなるべく動きを見せたかったのだろう。
観客も動きがあることに感動していたはずだ。
そこで現代の動画に提案、なるべく動きの少ない物をたくさん
撮ってそれをつなげて動きを出すようなことをしたらおもしろい。
動画なのだが動きがすくない。しかし、場面がちょくちょく変わり、
それが動きを表現するなら立派に動画と言えるのではないか。
posted by へいへいぽーら at 18:00| Comment(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。