2019年11月24日

がいちゅう

もしも、その虫のせいで全世界がやがては滅ぶだろうと言うことにな
ったら、どうするだろうか?虫を駆除するのだろうか。それとも・・

その生き物は地球上にはびこっていた。やがてその生き物のせいで
世界中の生命が滅亡する運命かもしれないと神様が言った。 
そんなのはいわば害虫だ。どうしたらいいか。

そのはびこっている生き物の種類だけを絶滅させればいいのだ。

そうすれば他の生物は生きられる。ぜひともそうしてほしい・・・
と神様に祈った。

人類はこうして消えることになった。そう、やがて滅亡する運命と
いうのは核戦争のこと。核であらゆるいきものが無差別に殺される。
全面戦争で何も残らないはずだ。ところが神は間違えた。
人間がいなくなってもそれはそれでバランスが崩れ、新しい力の図
式が生まれ、一歩間違えば、いや、一歩間違ったせいですべての
均衡が破れて結局生物は絶滅してしまった。神が手を加えたおかげで
、絶滅がちょっと早まったのだ。
ちょうど私たちが絶滅危惧種を繁殖させようとして捕まえ、
逆に減らしてしまうように。

DSCN3263.jpg

posted by へいへいぽーら at 23:16| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。