2020年06月30日

ウイルス会議

人間の世界では専門家会議などによってウイルス対策が行われた。
========================
しかし、ウイルスのほうは何を考えているのか。
どういう戦略で人間に戦いをいどんでいるのだろうか?
***************************
ウイルスA:もう少しのしんぼうだ、人間が油断したとき、それがチ
      ャンスだ。
ウイルスB:まったく人間ってのはバカだね、3ヶ月もあったのに、
      俺たちのこと何もわかってない。
ウイルスC:そうだな、おれたちは密集したことで情報を交換し、さ
      らなる変異をとげて活発になってるのがどうしてわから
      ないのかねえ。
ウイルスA:こちらにとっては好都合というものさ、ところで人間が
      ちょっと安心してる間にもう少し毒性を強くした変異を
      しようではないか。第一波よりも強力なやつに
      なってウイルス界最強になろうじゃないの。
ウイルスC:それって1位になれっていうことですか?
      2位じゃだめなんですか?
ウイルスA:最強になれば人間は咳を遠くまで飛ばしてくれる。
      それだけひろがるじゃあないか。そして他のウイルスも
      おれたちに一目置くようになるだろう。
ウイルスC:人間が今よりもずっと対策を打ってきたらどうするんだ
      !!増殖できなくなるぞ!
ウイルスB:まあまあ、けんかすんなよ、どんな風に変異するか、
      これから会議しましょう。まだいろんなところでクラス
      ター発生して同士ががんばってるから、時間はある。
      無症状の俺たちがとにかくたくさん出会って会議して
      変異してその時が来たらクラスター化すればいいだよ。
ウイルスA:ようし、そうしよう。みんなわかったな。
ウイルスたち:ラジャー
newsp.jpg
posted by へいへいぽーら at 00:52| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。