2020年08月02日

「コロナで以心伝心」 下書き構想



新型コロナウイルスが猛威をふるっている。
人間は困難があればあるほど乗り越えるために知恵をしぼる。
コロナの感染は飛沫感染が主な原因だ。しゃべれば飛沫が飛んでいく。
ではしゃべらなければいいのか?

2021年、ついに考えた事が即相手に伝わる装置が発明された。
困ったのは建前で生きてきた人や、見栄を張ってきた人、本心がバレてしまうからだ。
今まで素直に生きてきた人はさほど変化がなく、困らないのだ。
でも今までは時にいじめられたり大変だった。なぜ正直じゃいけないのか疑問だった。

この発明によって声を失った つんく♂さん は会話を普通にできるようになった。
すべてのろうあ者も障害がなくなった。

そして、もっと驚くべき事は、犬や猫などの意識も言葉になって飼い主に伝わるのだ。



posted by へいへいぽーら at 00:17| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。