2020年09月06日

家に眠っている8ミリフィルム

最近、昔の風景や行事を各家庭に眠っている8ミリ
フィルムから発掘しようというような試みがなされている。
横須賀でもそういうことを小学生の取り組みでやっているとは
びっくり。昔の浦賀の風景などを掘り起こそうというのだったか
。ちょっと詳細は忘れたが、そろそろ8ミリをやっていた世代も
これからいなくなるので、貴重な記録も処分されはじめている
ことだろう。かといって、ヤフオクで出ている知らない人の
家庭記録を購入する勇気はない。あまりに重すぎるからだ。
せいぜい、知り合いに聞いて眠っていたらかけてあげるよ
というくらい。

自分は40年前に購入した映写機の電球も最新の切れにくいもの
に変え、いつでも映写できる体制にあるが、出番は今のところ
ない。カメラも3年前に1年間ヤフオクで漁りまくって10台くらい
になってしまった。フィルムはレトロエンタープライズで購入。
スカイツリーで撮影したいと考えていたがまだ叶えられてない。
古いカメラで最新の風景をうつしたら面白いと思ったのだ。



posted by へいへいぽーら at 22:54| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。