2015年02月01日

人工知能として1000年生きのびる方法

自分が死んでも復活する方法、それは人工知能になることだ。
まず、自分の性格、データを入力。
知識のすべてを入力。目標を入力。
趣味を入力。考えられる場面判断を入力。
興味関心を入力。情報収集方法を入力。
交友関係を入力。いろんなビッグデータを収集。
入力したメモリーの置き場を設定、置き場がなくなることを
予測し、適当な時期に予測しながらサーバーを渡り歩くことを
プログラム。人工知能になったあと、アクセスしてくる人間や
その他の人工知能に対処するようにプログラム。
決して時期がくるまで悟られてはいけない。
うまくいけばロボットの中にすべて移行することが可能。
そうすればもっと活動が広がるだろう。1000年以上かかるかも
しれないが・・・おっと、自分が行う前にもうすでにプロジェクト
は開始されているはずだ、そしてあなたのデータも何らかの形で
利用されているのです。


posted by へいへいぽーら at 00:09| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

スマホ老人の暴走

今から50年後、昔スマホをいじくりまわしていた若者が認知症老人になる。
病院や老人ホームでスマホをいじくりまわす。
A:ひひひ、これでなんでも思い通りに操作できるぞ。車いすの操縦は自由自在だ。
B:わはは、フェイスブックの友達が1億人だ。お見舞いも一人100円で100億円だ!
C:ほほほ、見舞客とまた対戦ゲームだ。
D:おれの病気のカルテを病院のサーバーでこっそり見ちまった。なんてことだ、だまされてた。
E:まわりがうざいスマホつかいばかりで寝れない、WiFi妨害電波とウイルスアプリでじゃましてやれ。
・・・・・
いったい未来はどうなっていることやら。



posted by へいへいぽーら at 23:30| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

寒くなってきましたね

Mちゃんのママから服をいただきました。
すごくあったかいです。
フードもついていて、フードを深くかぶるとお顔がかくれてしまいます(笑)。


IMG_0940x.jpgスナップショット 1 (2014-12-18 23-43).png
okao.jpg
posted by へいへいぽーら at 00:00| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

名犬ロンドンのテーマ曲で

見知ーらぬこの街ー、さまーよいくればー
hitoride3po.jpg
リードをはずしてひとでり歩かせてみる。動画で撮ったのをいつか使おう。
posted by へいへいぽーら at 14:38| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

枯れ葉よ〜、枯れ葉よ〜

枯れ葉がなんとも物悲しい、さみしい季節ですね。

megu.jpg

IMG_0763v.jpg
posted by へいへいぽーら at 22:16| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

フイルム自家現像

小金井の会でフイルム自家現像があったとき、行きました。IMG_0998z.jpg

posted by へいへいぽーら at 22:59| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

ムービーメーカーで動画の編集

やっとムービーメーカーを使って編集することができた。
これまではビデオ付属のソフトも使ったことがあるが、
ムービーメーカーはたしかに使いやすい。
デジカメで撮った動画に字幕を入れたり、タイトルも
簡単につけられる。

8ミリで撮ったフイルムをなんとか接写して一度JpegファイルまたはMP4
ファイルにして編集に組み込めないだろうか。デジカメの動画と混ぜて
編集してみたい。
P4231740x.jpg
名犬OO物語とか・・・リトル00とか
この子を主役にしたムービーを考え中

posted by へいへいぽーら at 23:22| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

もしもタイムマシンがあったら

過去と未来のどちらにきたいか?
  未来は知りたいと思うが、どうなってるかわからない。
もしかしたら、あと100年後に地球はとっくに終わってるかもしれないのだ。
天変地異や世界戦争、太陽バースト、隕石落下、疫病流行、飢饉など。
それなのに300年後とかに行ったらどうなるか。
最悪の場合を考えると、未来へ行くというのは実はリスクが高い。
過去に行く場合、過去ならばよく知ってるわけだから、対策を考えた行動をとればよいのだ。
過去と言っても、たとえばまだ酸素が十分にない地球に行ってしまってはダメ・・・
それから、まだ地球そのものが生まれてないときにタイムマシンのダイヤルを合わせてはダメ・・・
未来に行く人は人類の進歩を信じるか、愚かさ故に期待をしないか?
確かに昔の100年分が今の数年の変化に値するかもしれないが、意外と人間の進歩は遅いと
予測できる。なぜならば、あまりにも人間は知恵がないからだ。今までも同じことを繰り返してきた。
もう、期待するのはやめよう。

posted by へいへいぽーら at 22:55| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

未来予測の行方

SF作家はその科学的知識と空想力を駆使して近未来的な世界を
書き上げた。
ところが、その発想を実際の科学者が横取り・・・
はたまた、預言者やインチキ宗教家がこれを悪用・・・
さらに、政府の機密情報部や国際的貿易会社も・・・

未来予測通りになっていき、世の中が進歩していくとおもわれたが、
いつでも、その情報を独占し、都合のよいように使う輩がいるのだ。
それをさせないためには一度・・・・?
posted by へいへいぽーら at 20:41| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

今日の「金田一少年の事件簿」

16ミリの映画研究部が舞台。
密室の謎の答えががフイルム送りにあった。


posted by へいへいぽーら at 23:53| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

最後の地球管理人

地球管理人A :わしも年をとってしまった。わしらの代では世界平和は達成できそうもないのう。
地球管理人B :地球に来てからはや20万世代、われわれは管理人だから歴史を知っているが、
          これだけ人口が増えると、もうほんとに同じ人類かと思うな。
地球管理人A  :いつまでたってもわしらは進化しないのか?そろそろ生物的に限界になるというのに。
地球管理人B :人間の心に憎しみの心がある以上、戦争はなくならないだろう。
          憎むべきは戦争なのに。
地球管理人A :これ以上待ってられん。あの計画を実行するときが来た。
地球管理人B :それは最終手段ではないのか?
地球管理人A :今がそのときなのだよ。人間のやる気スイッチを全部OFF!!
地球管理人B :あうう〜〜〜〜
地球管理人A :どうした?
地球管理人B :もうどうでもよくなった。〜〜

posted by へいへいぽーら at 22:23| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

地元の商店街

地元の商店街の活性化のために、昔の地域写真展のようなものをやっている所が多い。
現在の風景と比べたりするとなお面白い。何気なく撮った写真に、その時代が写りこんでいる。
今つまらないと思っても、貴重な記録になることもある。
posted by へいへいぽーら at 22:40| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

人工的な電力の需要

人間は原子力エネルギーを制御しようとした。
制御できるかどうかは置いといて(なんで?!)、とにかく最新の技術のように思えた。
これを進めれば未来が開けると思った。いままでそうだったからというだけで。
特にエネルギーには困っていなかったが、研究を進めるためには割合をふやしていかねばならぬ。
石油による火力を少しずつ減らし、原子力の割合を多くしていった。
国民が電気をむだに消費するようにも仕向けた。電化製品はなるべく消費電力を大きいものに代えた。
たとえば冷蔵庫やテレビやドライヤー、エアコンなどだ。強力なものほどよく売れた。
学校では子供のためと言ってすべての教室にエアコンがあるのが普通という風潮を作り出すことに
成功した。そして原子力の割合は知らず知らずのうちに増やすことに成功した。
1号機を受け入れたところは、2345号機と無理にでもねじこんでいくのは簡単だった。
                                                         つづく
posted by へいへいぽーら at 17:00| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

4コマアニメーションを作ろう

ブルーバックス 西田和明著「こどもとあそぶ電気のおもちゃ箱」に高輝度のLEDを
使って4コマの影絵を映す映写機の作り方がのっている。4コマの絵がクルクル回って
LEDの照射場所にくる。かわるがわる映るので、動画として動いているように見える。

絵が回らず、光るLEDが4つ次々に点滅するものならキットで売っている。たしか
「箱アニメ」とかいう商品だった。4つの絵は回らず、スクリーンの裏にあって、
斜めから照射した4つのLEDに対応している。次々にLEDが光るところが難しい。

その点、1LEDで絵が回るほうが原理を納得しやすいし、自然だ。


posted by へいへいぽーら at 22:33| Comment(1) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

地球の支配者交替!!

宇宙人A:そろそろいいころだな。
宇宙人B:そうですね、地球人が滅びるのも時間の問題ですね。
宇宙人A:人間の性格にしてはよくもったほうだな。
宇宙人B:ほかの惑星ではもっと早かったですものね。
宇宙人A:ああ、この地球人ってやつは、性格悪いくせにしぶといぞ。
宇宙人B:まったくです!そんなに知恵もないし・・・
宇宙人A:だが、私の経験ではもうすぐだ、今回も目撃されずに滅びてくれるだろう。
宇宙人B:たまに、空飛ぶ円盤なんて話題が出るとびっくりします。
宇宙人A:まあ、見たやつの頭がおかしいと思わせたのは成功だったな。
宇宙人B:それに、今はデジカメなので、目撃情報を消すのが簡単です。
宇宙人A:笑ってしまうよな、デジカメが進歩だと思っているのだから。
宇宙人B:すべてにおいて、とにかく頑張ればいいと思っている。特に弓状諸島人は。



posted by へいへいぽーら at 22:26| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

sonyのビデオカメラ新製品

PJ800という製品が新しいプロジェクターつきビデオカメラだ。
プロジェクターの明るさも50ルーメンと明るくなった。
外部入力端子もついていて、HDMI対応ならパソコンやDVDプレーヤーが使える。

posted by へいへいぽーら at 22:35| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

露出用電池が切れた!

昨日は同窓会で横浜中華街へ。8ミリをもっていったのですが露出用の電池が消耗してました。
これでは露出オーバー(絞りf2.8のまま)で真っ白になってしまう。残念。
でもあとでよく考えたら、室内ではちょうど絞り解放ぐらいなのでとれたのではないかと思いました。
残念!!
みなさん、撮影に行く前には電池をよく点検しましょう。(おまえだろ!)
しょうがないのでやはり普通のデジカメでとりました(ww)。


posted by へいへいぽーら at 10:53| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

NDフィルターはバックのぼけに必要

明るければ絞りが小さくなって全面ピントが合いやすい。
しかし、それでは強調することができない。
明るければ、NDフィルターでわざと光量を減らし、
絞りを開けて被写界深度を狭くしてバックをぼかす。
これでいい絵がとれるのだ。

posted by へいへいぽーら at 22:59| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

映像作家という職業?専門家?職人?アーティスト?芸術家?

動画、スチール写真、映画、ビデオ、とにかくあらゆる手段を使った動画や映像の構築とその効果を常に意識しているのが映像作家というプロなのだろう。大変面白く意義のある仕事だと思う。それだからこそ8ミリという分野も残っていくのだ。
posted by へいへいぽーら at 22:36| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

時代

300年後の人が見る時代劇は我々の今の時代もあるだろう。
今というのも300年後には昔になってしまうからだ。
そして、時代考証が大事になってくる。数年違うと使っているWindowsの
バージョンも違うし、5インチFD、3.5インチFD、MO、PD、USBメモリー、
など・・・ あと、携帯があったかとか、人々が携帯でメールを使い始めたのは
いつからか?とか・・・デジカメもそうだ。最初は25万画素くらいからだった。

 話は変わって今またカセットが見直されているらしい。
しかし、古いカセットデッキはベルトがダメになっていて使うとテープが巻き込
まれたりしてあぶない。せっかくのテープがくしゃくしゃになってしまうのだ。
秋葉原でベルトだけ売っている。大きさを調べて買ってきて修理することが
できる。分解は簡単ではないが、できるものも中にはある。
ネットで修理の体験記なども出ている。それを参考にすればよい。

現代劇を書いてみれば、そこにパソコンやデジカメ、携帯電話その他出てくる
すべてのものが、のちの世には驚きをもって読まれることだろう。
今だって、ちょっと昔の映画でワイヤレス電話の子機などが出てくると、
そのアンテナを見ただけで「わっ!古い」と思う。

したがって、いろいろな劇に登場する小道具のすべてが、細部にわたって
描写するほど、のちの読者にとってはおもしろいものになるのではないだろうか?
posted by へいへいぽーら at 22:49| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする