2014年04月24日

説明映像

周りの状況を説明するために入れるカットも重要である。それによって省略ができるからである。
昔、カメラの好きな社会の先生がいて、建物の瓦とか扉とか、庭の置石とか、植物とかよく撮っていた。
たぶん昔の8ミリ、それも初期の時代の8ミリなどもやっていた先生なのではないか?ふとそんなことを
思い出し、いまさらながら推測する。動画の癖がスチールにも生かされていたのではないか?
説明画像をとっておくとあとで使えるかもしれない。風景や置物、自然、都会、植物、空、動物
いろいろな表現のつなぎに使える。ただ、今フイルムが無駄にできないから、説明のためのカットを予め
撮っておくなどはもったいなくてできない。やはり計画的に、脚本、絵コンテ、撮影計画は必要だろう。
posted by へいへいぽーら at 23:43| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

有銭無飲食のお話

無銭飲食はよくあるが、これは有銭無飲食のお話。あくまでもお話です。

ある酔っ払いが、しめにラーメンでも食おうとK駅近くのOMラーメンの店に入った。
そこは〇国人が開いている店だった。ところがいつまでたっても忙しそうに
していて注文をきかない。日本では考えられないほど、さも仕事をしてると
いわんばかりの耳障りな食器を洗う音が大きかった。客の男はいつの間にか
寝てしまった。30分もしたろうか。目をさました男はしょうがないので目の前に
あったゆで卵を一つ食べ、50円を払って出ようとした。すると、おどろいたことに、
ラーメン代をはらえというのだ。確かに男は寝ていた。だが、そのラーメンはどこ
にあるのか?目の前には何もない。いつ食ったのだ?食った感じがない。
また、下げていいといった覚えもない。
とても驚いたが、とにかく酔っ払いなので、何を言ってもこちらが不利だと思った。
しょうがない、男は食べてもいないラーメン代をはらったのであった。
これが、食べ終わった食器が目の前にあればわかるが、注文を聞きもしないで、
ほおっておかれてこんな目にあうとは思わなかったという、有銭無飲食のお話でした。
みなさんも食器を必要以上に音を立てて洗ってる店には注意しましょう。えっ?
あくまでもお話ですよ・・・・フィクションです。
posted by へいへいぽーら at 23:16| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

横浜・横須賀8ミリクラブ会員募集

ある日、掲示板に張り紙が出た。
そこにはこうかいてあった。
******************
横浜・横須賀8ミリクラブ会員募集

みんなでわいわい映画つくりをやりませんか? 

特撮・コメディ、社会派、みんなでわいわいやりましょう。

                 港のヨーコ
*******************

張り紙を見て、20人が集まった。
つくる作品の内容も決まった。
下は中学生から、上は55才の大学の先生まで
この危機的な日本を救う物語。
いろんな世代の得意を生かし、プロジェクトチームがたちあがる。
そして数年後、災害はやってくる。しかし、予測して動いていたことが
功を奏し、日本の全滅は免れる。私たちは今何をしなければいけないのか
を訴える感動作。


~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上、妄想です。こんなことかいてもだれも集まるわけがない。
どうせブログとか、個人の勝手で自己満足、日記がわり。
いつからそうなったのか?なら、いらねえじゃん。そうですね。
もうすこししたらやめましょう。あふれすぎてます。エネルギーの
無駄です。情報は発信しても戻ってこない。おしみなく情報は
うばう。(「おしみなく愛はうばう」の応用?) わかってます。
以上、愚痴でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜なーんてね
いやいや、すばらしい。みなさんそう思いませんか?
なんていうかまったく・・・そのとおり、
以上、レポートでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
という・・・・・
〜〜〜〜
またまた
〜〜
なわけで
〜〜〜
???




  
  
posted by へいへいぽーら at 19:05| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムましん

それは時間との戦いだった。
もうすぐやつがやってくる。
来た!急に来た!
時間とともに、ぶつぶつが・・・・
これがタイム麻疹か!・・・
posted by へいへいぽーら at 18:37| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

未来通信

博士:やった!!ついに未来との交信に成功したぞ!
学生:先生、それでは未来はどうなるのかわかりますか?たとえば原発とかはこのままで大丈夫なのですか?
博士:ああ、どうやらたいへんなようだ、それを知らせようと、向こうも交信に努力してたらしいからな。
学生:どう大変なんですか?はやく事故が起きる場所を知らせてもらってください!
    今ならまだ間に合うのでしょう?歴史を変えましょう!!
博士:まてまて、もうすぐ次の連絡が入るはずだ。
未来通信機:未来通信機完成!これで過去にさかのぼって地球を救え!
学生:ちょっとニュースが古いですよ。
博士:もう少し先にあわせてみよう。(ダイヤルを回して切り替える)
未来通信機:・・・・・
博士:おそかった・・・未来は終わったらしい・・・

posted by へいへいぽーら at 19:29| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

平和製造装置

人は色々な道具を発明してきた。必要があって発明したもの、必要がなくても余計なものも発明した。そしてそれを使ってきた。戦争では必ず最新のもので相手を圧倒しようとした。また人間社会は民主主義を発明し、会議を発明した。しかし、会議では地球の平和は達成出来ないどころか、戦争への引き金を有無を言わさず決定する恐ろしいマシンに変わる。これはどんな文明の利器でも凶器になりうるのと同じだ。そこで平和を作る装置を発明しようと考えるものがやっと出てきた。
posted by へいへいぽーら at 21:19| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

ゲーム時代

朝おきたらゲーム、電車の中でもゲーム、ツイッターでは得点報告、スマホでもゲーム、
パソコンでもゲーム、休み時間にゲーム、やってないときはツイッター、ゲーム仲間が
一番、やってないやつは切り捨てる、おれはすごい、ゲームは得意、気がついたら、
老人ホームでゲーム、人の役にも立たず一生ゲーム。とうとうゲームオーバーの日が来た。
posted by へいへいぽーら at 01:02| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

未来の年寄り

今80歳以上でパソコン、インターネット、メールができるお年よりは少ないと思う。
しかし、これが20年後、30年後はどうだろう。認知で入院している人や、老人ホーム
などでスマホやメールをやっている老人がうようよいることになる。もしかしたら、ある面では
情報や連絡がすごくて、ある面では何を言ってるんだかわからんという状況?ちょっと
おそろしいかもしれない。。。自分もいまから楽しみだ。ますますスキルを磨いておこう。ヒヒヒ。
posted by へいへいぽーら at 22:47| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

デジタルよりアナログ?

デジタルよりアナログだ!と監督が言った。
世界の終わりがそれを証明した。
太陽フレアーや核戦争などでデジタル作品が電子的にダメージを
受ければ残るのはアナログ作品だ!
たしかにその通りになった。そしてフイルム映画作品は残った。
しかし、それを見る者はだれも残らなかった。
posted by へいへいぽーら at 15:32| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

エネルギーを使うのは何のため?

エネルギーは本当に要るのか?
経済活動に必要?
どんどんエネルギーを使って、どんどん生産して、
どんどんかせいで、どんどん生活を豊かにして、
どんどん開発して、どんどんゴミをつくって、
どんどん・・・
さあ、人類よあとすこしだ、滅亡まで・・・
どんどん頑張れ、
posted by へいへいぽーら at 23:39| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

美しい地球が消える

美しい地球は今後のこっていくのだろうか。
美しくても住めない地球になっていくのではないだろうか。
地球の自然の摂理で動いていたバランスコントロール機能、
それはまだ生きているのか。やみくもに地球温暖化と言って
原発を推進するが、本当に地球温暖化の原因はCO2なのか。
CO2は出ても地球の肺、アマゾンジャングルなどの異常な開発がなければ
コントロール機能は大丈夫なのではないか。
原発で使用する燃料は見えない放射能だが、ある意味毒物といってよい。
それらがばらまかれていく。エントロピー増大の法則と言って、どんどん散らばっていく。
逆はない。人間はそれに逆らって掃除をしようとするが、人間が生きている以上散らかっていく。
どんどん放射性物質が散らかっていき、地球は見た目にはきれいでも、だれも住めない星となる。
いますぐCO2を削減しようというのは無理。他にも原因、しなければならないことがある。
原子力でもCO2は出ないかもしれないが、熱ははんぱなく出る。温暖化には変わりない。
しかも地球全体の汚染につながる。
北極の開発などを止めない限り、エネルギーをつかう限り、地球温暖化は進む。
人間の活動をもっと制限しなければ温暖化になるのは当たり前。
温暖化はこのさい気にしない。地球の自然治癒力をまつ。それより、エネルギー使用や
儲け話、巨大プロジェクト、地球的開発をやめさせる方向に会議をもっていく必要あり。
あと開発や生産、ものつくりは良いことのように思われがちだが、見直しが必要だ。
このまま経済活動を続けていけばエネルギーはどうしても使う。
エネルギーを使うためには原発、そして事故、そのうちどこも汚染だらけになるだろう。
美しい地球から人間がいなくなって、めでたしめでたし。
posted by へいへいぽーら at 09:29| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

尾美としのりと映画「転校生」

DSCF1492c.jpg
日本映画ベスト200という本を友人からかりた。
そのなかに、「転校生」のページがあった。(68位)
朝ドラ「あまちゃん」でお父さん役の尾美としのりさんと
小林聡美さんが出演している。男女の中身が入れ替わって
しまう話。おもしろい映画だった。
主人公の斉藤一男は8ミリ好きの中学生というのも
時代ですね。

posted by へいへいぽーら at 10:13| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

8ミリ映写機のデジタル改造(空想)

まず、映写機のレンズはとっぱらう。
そこにデジタルビデオを接写状態でとりつける。
映写はLEDでそこそこの明るさ。
デジタルビデオで同期しながら撮影、同時にプロジェクターに信号を
送り、プロジェクターで投影。

もしかしてこんなかんじで高級なテレシネはおこなわれているのかな?
つまり、すでに存在する?
posted by へいへいぽーら at 00:09| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

100年後の世界

100年後はどうなっているのだろう。
めちゃくちゃ消費した時代が終わって、人々は
過去の時代のゴミになやまされているのだろうか?
放射性廃棄物などはきちんと管理されてるだろうか?
国と国がいがみあい、戦争一歩てまえになっていないだろうか?
もしかしたら、人間は消えている?
未来から過去(我々)になにかメッセージがあるとしたら
それはどんなことなのか?
タイムトンネルを通って警告にきてくれないだろうか?
posted by へいへいぽーら at 21:52| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

最新型はもう古い(未来からのメッセージ)


未来の中学生・・・・
            「わらっちゃうなあ、あいつまだスマホだぜ!」
            「ほんとうかよ、脳の改造してねえの?」
            「手術すれば頭の中に携帯がもてるのに」
            「いまなら1円なのにな」
            そうして国民はみな脳をうまいこと改造させられていった
悪徳政治家・・・・・・「そろそろいいかな?」
            「国民の脳にウイルスを送り込んで洗脳開始!」
世界1位のスーパーコンピュータ・・・・・
            「ミッションコンプリート、のっとりに成功しました」
悪徳政治家・・・・  「わはは、やったぞ、みな1円にだまされおって・・・
              これでこの国はわしのものじゃ」
いじめられっこ・・・・「おーっと、まったー!おれたちはまだ洗脳されていないぞ!!」
            「携帯やスマホも、脳の手術もしなかったおかげでいじめられたけど、
             いじめたやつらものせられてただけなんだな。」
            「よかったぜ、脳の改造なんかしないで」「おかげで電気がなくても生きていける!」
悪徳政治家・・・・ 「なに言ってんだ、やっちまえ!!」
いじめられっこ・・・「電源をきるぞ!ぷつっ!」
悪徳政治家・・・・「あっまてまて〜〜〜たのみま〜〜〜     ・・・」
もといじめられっこ・・・
            「いま動いてるのはおれたちだけだ、選挙ができるのも・・・俺たちが多数派になったんだ!!」


            

posted by へいへいぽーら at 22:16| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

「だるまさんがころんだ」をする宇宙船

雅人はその画像を最初見ておかしな感じをうけていた。
それは新しく買ったカメラで夏の大三角を撮っていたときだ。
画面にありえない赤い色の点が写っていた。
そしてその点は一つだけ星の動きに逆らっていた。
というより、ほとんど止まって写っていた。長時間露出をしているので
他の星は同じ向きに流れて写っているのにだ!
さらにいえば、その点は同じ向きに動いてはいなかった。
4枚の写真を検討した結果、急に逆の離れたところに進んでいて
動きを飛行機で説明することはできなかった。
飛行機も写っていたが、2本の細い線とライトの点滅が写っているので
すぐ飛行機だとわかる。
もしかすると・・・・雅人は考えた
シャッターを切る前に距離計補助ライトが点滅するのだが、それを宇宙で
察知してわざと止まっていたのではないか?(本当はライトをつけない設定をしたかったのだが、
買ったばかりでわからなかったのでそのままにしてしまったのだ)
だから写真を撮るたびに宇宙に向け補助ライトが点滅し、空飛ぶ円盤?が一瞬止まっていたのだ。
これは「だるまさんがころんだ」と言って振り向いたときに止まっていなければいけない昔の
遊びににている。雅人は星の写真をとりながら、宇宙人と遊んでしまったのだ。
posted by へいへいぽーら at 23:16| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

バルブ(タイム)撮影専用カメラ   使いかたの復習

使ってないと忘れるものだ。 えーっと・・・・ 
RUNにしてシャッターボタンを押しつつ、ギヤを矢印の方向に動かす。
押しつつと書いたのは、押しただけだとギヤが動かないときがあるのだ。そこでまだ押していながら
ギヤを回すのだ。少し回すとシャッターが切れる。このときカメラが動くかもしれないので、
さらにレンズの前に黒いラシャ紙などをかぶせ、それを取ること静かにでシャッターを切ることになる。
また黒い紙をかぶせて露出は終わる。ギヤをドンドン回していって止まるまでフィルムを送る。
あとはこれの繰り返しである。
DSCF1423e.jpg
posted by へいへいぽーら at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラケーおやじの逆襲

ひところ、つながりゃいいじゃん電話だし〜というコマーシャルがあった。
しかし、今や普通の携帯電話を買おうとしてもなかなか売ってない時代になった。
今の中高生は生まれたときから携帯がある世の中だった。いつでもどこでも
スマホをいじっている。そして絶えず公共の電波を無駄なことにつかっているのだ。
このような風潮をにがにがしく思っている世代はipadやスマホなどまったく使えない。
時には若い者達から嘲笑されたりもする。売らんかなの製品に対し、しっかりと大人が
忠告できていないのである。さて、物語は子供にバカにされるガラケー親父のお話。
頭にきたおやじは妨害電波を出してゲームをさせないようにする。スマホ中毒の若い
同僚に集中力をつけるため、とことん仕事でつきおとす。かくしてスマホやゲームどころでは
なくなった若者がまともな道に目覚めはじめるという物語。おりしも大災害が携帯基地局をおそい、
完全に通信不能になったとき、スマホばかりいじってた若者は自分が何も中身がないことに気づく。
あの時間をもっといろいろな勉強に使えばよかったと。
posted by へいへいぽーら at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

なにげない日常

われわれは宇宙人だ・・・じゃなくて。
我々は普段のなにげない日常がずっと続くと思っているがそれはちがう。
栄えた町ももしかしたらやがてさびれてしまうかもしれない。
美しい自然の風景も高い放射線で二度と近づけない場所となってしまうかもしれない。
チェルノブィリ、新潟刈羽、フクシマ第一と警告されてもなお気づかないおろかな人間。
平和のために努力しなければならないのはまさに「今でしょ!」。なんで人々が対立して
たくさんの命がなくなるのか?対立は今だけではない。今後ずっと続いていく。孫子の代まで。
あとの者達にどうして平和をプレゼントできないのか。人生どうしてお互い楽しくやれないのか。
IF、もしも、SF小説では必ずこのIF、もしもが出てくる。もしも核戦争が起こったら・・とか。
いろいろ想定して頭を柔らかくすることも大切。だが、もしも、みんながお互いを認め合い、
文化が高まっていったら?戦争なんてなくなることだろう。憎みあうだけの人生は悲しい。
動物や虫だって自分の一生涯をまっとうしている。命を落とさず一人一人がいい人生を
送ってほしい。人生は一度しかないのだから。映画とは、人生や生活の鼓動を描くものだと思う。
そして見ている人に訴えかけていく。非常に高度な文化だと私は思う。
posted by へいへいぽーら at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

霊界からの通信

ここはある高校の映画研究部。8ミリ映画を作ろうとする学生と、デジタルの最新機器で映画を作ろうとする学生が口論となる。
8ミリフィルムではデジタルに写らないものが写るという。撮影を続けると、そこに写っていたのは、霊界からの通信だった。
posted by へいへいぽーら at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする