2014年06月07日

人形アニメの試み

自由に手足が曲げられる人形を数体購入してきたので、
人形をコマドリで動かしてみようと思った。
インターバルで2秒おきに1コマ撮影、時々手が写ってしまうこともある。
トイストーリーの人形と、宇宙人の戦い?
小さな人形はとるのがむずかしい。
アングル、アップ度など。今後の課題。
IMG_0243w.jpgIMG_0244w.jpgIMG_0245w.jpg
IMG_0246w.jpgIMG_0249w.jpg
これは昨年夏にカメラZX550、フイルムはプロビアで撮影した一部です。(インターバルスイッチ使用)
550は今接触不良で分解してから直してませんが、配線は理解できているので、
そろそろなおします。



posted by へいへいぽーら at 23:12| Comment(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

絵コンテ用紙の準備

撮影の前に脚本や絵コンテを書く必要がある。最低でも絵コンテはほしい。

そこで、15mm方眼のB5ノートなどを買ってみた。縦3ます、横4ますで

絵をかいてみることにする。   

また、ネットからもA4の絵コンテ用紙の見本がダウンロード

できた。しかし、いちいち印刷は面倒、インクももったいないし手間も。

やはりノートが楽だろう。





posted by へいへいぽーら at 22:34| Comment(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

映画づくりは省略の手法で

映画はいかに省略するかで作品がおもしろいものになる。あとは見る側の想像、そしてレンズが見る視点つまり
カメラアングルと、どのようなカットをそこに挿入するかなど必要にして最小限にしなければならない。
撮影したものが全部つかえるどころかほとんどゴミになる場合だってある。しかし、撮影してなければあとで撮影
しようとしても遅い。だから撮っておくが無駄が多い。捨てて、捨てて、残ったものが芸術となる。

しかし、できれば省略の手法はとったフイルムを捨てるのではなく、最初から計算されたカットのみを撮ることをすれば無駄は防げる。
そこで、絵コンテなど綿密な計算が必要となるわけだ。
VTRはすぐ消して取り直せる、フイルムのような無駄がないということでだらだらと
撮影してしまい、編集のときにどこをとればいいのかがわからなくなってしまうことはないだろうか。
これはデジカメにもいえる。やたら撮ってもいいものはとれない。ゴミをふやすだけである。
一応もう一枚などと、同じ条件のコマをいくつとっても意味がない。撮る労力より、消去する労力が大変・・・。
中学校のとき、カメラ好きの社会の先生がいた。遠足のときなどに限らず、人間ばかりを撮るのでなく、
その辺に目に付く植物、何気なく目をやる置物、花壇、屋根など、あらゆるものを撮っていた。
もしかしたらムービーもやっていたのかもしれない。いろいろなものを撮っておいて、間にいれるカットとして、
いつか使うなど考えている人は当時多かったのではないだろうか。
posted by へいへいぽーら at 21:30| Comment(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

AX100を持ち歩いてみる。

コンパクトのようで、大きなポケットでないと入りにくい。
コートのポケットにしのばせる。上大岡の駅前の樹木
の電飾をとる。焼き鳥屋でも相棒をとるが、これはたぶんピントが
あってないはず。意外と望遠系なのだ。アダプターレンズで近くも
撮りたい。 ちょっと遠景にピントを合わせ、近くのものをデジカメで
見る。そしてあるレンズを2種類くみあわせてみたら、ピントが合った。
これは使えるかも。

 今日は学校で二宮金次郎さんを撮影。1秒くらいか?
持ち歩くと、電池の位置がずれ、動かなくなることがある。
こんどはアルミ箔等をまるめて入れておこう。

二宮金次郎さんはながら族のはしりである。仕事をしながら勉強。
これに歩きながらスマホをやっている学生をだぶらせてストーリーを展開しようと思う。
その役をたのむのはN君か、その上の高校生のIt君がいいなどと
勝手に考えている。
posted by へいへいぽーら at 22:15| Comment(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

活動写真リバイバル

フイルムが手に入りにくい今、大変貴重である。
そこで、フイルムの節約方法だが、昔の活動写真のように
字幕を間にいれて時間をやりすごす手がある。
字幕もモノクロフイルムだが、いざとなれば、透明フイルムに印刷し、
何回も消したりして使い回しをすればいい。
あるいはリーダーテープを黒く塗って、針で穴をあけるとか。
まったく暗転の時間にしてしまうとか・・・。
また、静止映写やスローのできる映写機が貴重になってくるだろう。
秒9コマで映写表現したらどうなるか?おもしろいかも。
posted by へいへいぽーら at 21:17| Comment(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

絵コンテはタブレットPCで?

映画つくりに欠かせないのは絵コンテ。
せっかく書いた絵コンテがデジタルデータとしてすぐ保存できるように
するには、やっぱりペン入力タブレットPCがいい。
posted by へいへいぽーら at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

不要なフィルムの使い道

ヤフオクでカメラを買ったとき、フィルムが入っていることがある。
25NのNがついてないもの。現像のしようがない。
そこでこれを完全に黒くするか、逆に漂白して乳剤を落としてしまって
透明フィルムにしたい。そうすればそこに一こまずつ文字などを書いて
撮影したフィルムの合間に入れる。文字を入れることで無声映画のような
効果が生まれ、また作品の時間も伸びるのでゆっくり見れる作品になるのでは
ないかと考えている。
posted by へいへいぽーら at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

やってみたい特撮いろいろ

考えられる特撮を羅列してみよう。
  1.定番の消える、現れる、変化する。瞬間移動する。(どのカメラでも)
     a:背景はそのままでいったんカメラをとめ、人を写さず背景だけに
       すれば、パッと消えたように見える。
     b:同様に急に現れたり、急に変身したりできる。またジャンプして
       カメラを止め別な場所でカメラを回しながらそこに降りてくれば
       瞬間移動で降り立ったようにみえる。
  2.逆転撮影(エルモ)
     a:車や犬が後ろ向きに走る。そのときわざと自分だけ後ろ歩きす
       れば映つた映像には自分だけが前向きに歩くことになる。   
 
     b:また高いところから飛び降りてそれを逆転でとると忍者がすごく
       ジャンプしたように映る。
     c:手裏剣やナイフを木に刺しておいてテグスで引っこ抜くと木に隠
       れた顔すれすれに手裏剣がささったように見える。
     d:タイトル文字を砂などに書き、波で壊れる様子を逆転撮影。
       乱れた状態の砂がしだいに整ってタイトル文字が現れる。
       水に書いたマーブル文字などでもおもしろい。
       昔の「ウルトラQ」がそれだった。
  3.スーパーインポーズ多重露光
     エルモのタイトラーが出来るタイプでは両方を開けるとレンズと
     タイトラーのほうと両方がまざってうつってしまう。
  4.カメラを横にして横に飛んでるように見せる。スーパーマンのような
     ヒーロー。
    バックは青空。または写真
  5.スローモーションを使い、高いビルから破片が落ちてるように見せる。
  6.しだいに露出を明るくし、白くとばしてしまう。地球の破滅など。
  7.昼なのに露光不足で夜に見せる。
  8.1コマ撮りでアニメーション、またはジャンプしたときだけ撮影して
    空中浮遊。
    倒れてた人形がすくっと起き上がる。歩く、集合する。
    犬にいろんな動作をさせ、ありえない踊り。
    花の開花、駅の人の流れ、定点観測など
  9.接写の世界。ミニチュアをとる。(マクロ機構つきレンズ)
 10.長時間露光で夜景をとる。(自作改造機)

     
posted by へいへいぽーら at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

インターバル切り替えスイッチ

インターバルの間隔はコンデンサで決まる。2つのコンデンサをスイッチで選択し、
AモードとBモード、短いのと長いのを切り替えられるようにした。
短いモードは、人形の姿勢をどんどん変えながらこま撮りするために使う予定。
数秒のあいだに人形の手足を少しずつ変え、どんどんシャッターを切っていく。
長いモードは、何分かに1回シャッターを切り、風景の無人撮影のようなときに
使用できる。

IMG_0654c.jpg
posted by へいへいぽーら at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

人形アニメ計画

先日毛糸やさんをのぞいたら、フエルトでマスコットをつくるキットがあった。
ネットで「手芸、フエルト、人形」などといれたらシュゲールというページに
それがのっていた。
http://www.shugale.com/shopbrand/156/005/X/
フエルトや粘土をつかっていろんなキャラクターが作れる。
これはおもしろい。
posted by へいへいぽーら at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

テレシネに挑戦

eisha.jpgtereshine.jpg
8ミリのためし撮りができてきたので映写しながらビデオにとってみた。
昔のテープもあったので、20分くらいの作品(仲間と東北旅行に行ったときのもの)
をビデオにとってみた。かなりちらつき、一応最後まで撮ったが、目によくない。
あと何本か昔のがあるので、テレシネをしたいのだが、1秒間のコマ数がちがうもの
を撮影するわけだからどうしてもちらつきが出る。どうしたらよいのだろう。
ネットで調べてみると「素人による8ミリ映画の部屋」で松田さんという方が詳しく説明してくれている。
映写側の羽を5枚にしたもので改造するらしい。でもやっぱり素人ではむずかしい。
いまさらですが、プロがいるわけがわかった。


LEDを使ってコマ映写し、ビデオ側はこま撮り撮影をしたら良いのではないか。そしてビデオの
再生が秒18コマになれば完璧なのだが。

posted by へいへいぽーら at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

笑ってやってください

いよいよ人形アニメを作ろうと思い、ダイソーでふわっと軽いねんどを買ってきた。
うちのペットの犬に似せようと作ったのがこれ。みごとに失敗である(笑)。
この小ささでは粘土が思うようにならない。
ninngyou.jpg雰囲気は出てると思うが・・・

説明をよく読むと、芯材として木やペットボトルなどいろいろなものが使えますと書いてある。そうか・・・
芯材の表面をおおえばいいわけだ。よし、もっと大きくて関節が動くものを作らなくては・・・
posted by へいへいぽーら at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

8ミリのコマ拡大

テスト撮影したフィルムが上がってきた。
一こまが拡大接写できるとおもしろいのだが。
このサイズの接写をするシステムはそのへんにはない。
拡大ルーペを1つ使い、接写モードにしてスタンドの光に向け撮影し,できたものをかなりトリミングした。
8mmkakudai.jpg1コマだけを接写拡大する装置をこんど作ろうと思う。
(ビュウワーを買えばいいのだが・・・それもめんどう)
(映写機にかけて停止している間はランプが消えるので、1コマは止めて見れない。ランプを超超高輝度LEDに改造すればビュウワーの代わりになると思う)
posted by へいへいぽーら at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8ミリのためし取り

4つのカメラで撮ったためしどりの現像があがってきました。
エルモは得るものがありました。P−100は露光用電池の電圧が高いせいか露光不足に、
ZXM550はツツジの色が真っ赤でした(スカイライトのフィルターのせいか)
450はあまり外で取りませんでしたがピントはOKでした。ただ重くて撮る気になれません。
エルモの逆転撮影は成功。車が後ろに走っていき、犬もうしろに進んで
いました。また学校で科学部の部員がふざけてるところがおもしろくとれてました。
景色もいいが、やはり人間がおもしろい。
posted by へいへいぽーら at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

サウンドカメラの録音機能は役に立たない?

サウンドフイルムがない以上、サウンド機能は無意味だが、このマイクリモート端子を使って
外部の録音機と同調させることができる。
マイクリモート端子はOFFにしておき、シャッターボタンを押してロックをかける。
IMG_0893c.jpg IMG_0898c.jpg

そしてリモートコントロールをオンにすると撮影ができる。
したがってこのときこのリモート端子を外部録音機器も同時にONさせれば撮影している間だけ録音することができるのだ。
いまのところそこまでわかったので、あとは外部録音機器で適当なものを探すことだ。最近PCM対応のICレコーダー等性能のいいものがたくさん発売になっているのでそこらから選ぶと良い。注意する点は録音でリモートコントロール端子があるかどうかだ。

           オリンパスDS-850なら リモートジャック差込口がある。2013年三月発売 約18000円くらい(リモートコード別売り)
posted by へいへいぽーら at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

密かなモノ作り計画

8ミリ映写機・・・なんて古いんでしょう〜、しかしそこには映画の原点をみることができる。つまり、パラパラ漫画に動きが出るように。
1秒間に18コマの画像を見て目の錯覚というか、動いて見えるわけだ。これは動画の原理を学ぶものとしてぜひ残しておきたい。
しかし、映写用の電球もそのうち製造中止になるかもしれない。でもだいじょうぶ、今超ちょう高輝度のLEDが出てきた。これをランプハウスに組み込めばいいのだ。

次にフイルムだ。これはなにか透明なテープにパソコンで同じような画像をたくさん印刷してつくれないか。かんたんなアニメぐらいだったら作れそうな気がする。そうすればあのレトロな映写機でカタカタやって動画をみることができる。・・・かもしれない。
posted by へいへいぽーら at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

「名犬もの」の映画をつくりたい(案)

昔は名犬ラッシー、名犬リンチンチン、名犬ロンドン物語などいい作品が多かった。
そこでこれをまねして映画を作りたい。我が家の名犬が主人公だ。
タイトルは・・・・・えーと、エーと・・・「OOOOOOO」・・・ヒ・ミ・ツ・・・
そして内容は・・・・・名犬ロンドンのように旅をしていく。走ったり、臭いをかいだり、遠くを見つめたり、あくび、戦闘体勢、ほえるなど
いろいろな表情を撮影し、物語にあてはめていく。もし役者がそろわないときは、苦肉の策で・・・
アニメ作品プラス実写、物語は主にフィギュアー(自作粘土細工)でコマドリをし、ところどころに実写、迫力を出す、どうだ?(ムチャクチャや!)
posted by へいへいぽーら at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

リレー付インターバルタイマーを作った

DSCF9127c.jpgマディ折原さんのHPを参考にしました。
エレキットを注文し、早速届いたので作ってみた。
ミニジャックのコードをつけて、電磁シャッターをONにするものです。
これでZX550のカメラにつけてインターバル撮影ができます。

DSCF9157b.jpgDSCF9141c.jpg
posted by へいへいぽーら at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

逆転撮影その2

ウルトラQなどのタイトルのように書かれた文字をだんだん崩していってわからなくするように撮影すれば、だんだん文字が現れて最後に完成する
posted by へいへいぽーら at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

逆転撮影の利用法

たとえば、顔のすぐ横すれすれに手裏剣が3つも4つもささる場面で、最初から木にさしておき、見えないテグスを手裏剣につけておく。
人の顔がすぐ横に一緒に入れて撮影、手裏剣をテグスをひいて引っこ抜く。それを正常に映写すれば顔のすれすれに刺さったように
見えるというわけ。これは円谷一の特撮の本に出ていたテクニック。昔は忍者映画などがはやっていたのでこうした特撮はよく行われていた。
posted by へいへいぽーら at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ミリ映画起承転結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする