2021年05月31日

Z800の長時間露出

昔の16ミリ教育映画の時代でも星座の動きを観測するような作品があった。
どうやって星を撮影したのだろう。
暗いので長時間露出が必要だ。

Z800には不思議な穴がついている。
丸いのを回してみるととれて穴が出現する。
巻き上げ穴.jpg
穴出現.jpg

諸先輩方のHPを見て知ったのだが、

ここにクランクを取り付ける。クランク自作.jpg

アクセサリーとして売られていたようだが

自作もできると書いてあった。

ボールペンの端の後ろのキャップを使用する。
クランク細工.jpg

穴の奥にある回転軸に引っかけるためボールペンのそのキャップを細工する。

そして90度の角度でクランクの穴をあけて銅線を通しクランクの完成。

シャッターを切ってクランクが半分回ったところで無理矢理止める?

露出してからもう半分、手で回転?。これで1コマ完成。
torituke.jpg

Z800はすごい!
これは2013年9月30日のブログにも長時間露出をやってみた記事をのせてある。
ただ、結果はどうだったかというと、数コマしか実験しなかったので映写機に
かけてもあっという間でよくわからなかった。
編集機でもう一回ゆっくり見てみないとわからない。
その時間がとれないまま今に至っている。
2013年9月30日の記事はここ。
https://kirokuchou.seesaa.net/article/376224332.html


posted by へいへいぽーら at 15:41| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月30日

アニメ作りは一コマ撮りで

今のスマホはタイムラプスと言って一定時間間隔で写真をとり、つなげて見ることができる機能がある。
これは昔のアニメーションが1枚1枚セル画を描いてそれを連続して見れば動画になったのと同じだ。

8ミリカメラも1コマ撮りができるものがある。カメラを三脚に固定して人形などを1コマ1コマ、手で
すこしづつ動かしては撮影するのだ。18コマで1秒なので作品にするには気が遠くなるほど何回も動かしては
撮影の繰り返しをしなければならない。しかし、マニアにとってはそのことが楽しいのだ。
1コマ撮りの出来るカメラはある程度の高級カメラにしかその機能はついてない。

昔の高級カメラではあるが、待っていればヤフオクなどで安く手に入れることができる。

人形の動かし方はこれはけっこう難しい。そうとう慣れないとどうしても不自然な動きになってしまう。

早く撮影を終わらそうと一定間隔でシャッターを切ってその合間に人形を動かそうなどと考えてもうまく
いかない。人形を動かした手が写ってしまったりする。急いではいけないのだ。

自動でやっていいのは交通の動きなどの時とか植物の生長観察などの時などだ。
電磁シャッターつきならインターバルタイマーをつけて撮影できるのだ。



posted by へいへいぽーら at 09:45| Comment(0) | みんなでわいわい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月25日

おすすめの8ミリカメラD

そのD:FUJICA P300です
p300-1.jpg
p300-2.jpg
p300-4.jpg

    これは「私にも写せます」のP100が3倍ズームになったもの。
   P100の使い良さはそのままで3倍ズームなら気軽に楽しめる。

   露出用電池はもう水銀電池はないのでLR44を2個で3Vにします。
   さらにアルミはくを丸めたものを詰めて下駄を履かせて使用する。
   入れてみると、・・・見事露出計が動きました。
p300-3.jpg
p300-5.jpg
p300-6.jpg
   (ファインダー内部がちょっとカビているのが残念ですが、撮影に
    支障はありません)
p300-7.jpg
   電池BOXもきれいで液漏れなどの形跡はありません。
   良好な状態と言っていいのではないでしょうか。

   
posted by へいへいぽーら at 15:48| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月24日

おすすめ8ミリカメラ その4

そのC:エルモ8s−40T

   逆転映写できます。
   タイトルを横のハーフミラーでスーパーインポーズできます。
   電池2本で駆動します。軽いです。
   小さいけどかっこいい。
   東北旅行で持って行ったことがあります。しっかり写ります。
40tb.jpg
40ta.jpg
40t1.jpg
40t2.jpg
40td.jpg
40tc.jpg

posted by へいへいぽーら at 00:22| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

おすすめの8ミリカメラ(シングル8)その3

おすすめ その3:
***** FUJICA Z800です*****

 8倍ズームは最強です。
 グリップは折れ曲げることもでき、
 三脚用のネジ穴が現れます。
 1コマ撮りできます。
z8004.jpg
z8006.jpg
z8003.jpgz8002.jpg
posted by へいへいぽーら at 16:19| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

おすすめの8ミリカメラ(シングル8)そのA

そのAエルモ8S-60です
IMG_9471.JPG
IMG_9478t.jpg
IMG_9474.JPG
IMG_9480.JPG

FとRの切り替えで逆転撮影出来ます。

6倍ズームなのでほとんどの撮影には間に合います。

18コマと24コマ切り替えできます。


重さは重いですが、がっちりしてます。ピストルグリップもつきますが、私はつけずに三脚に載せた方がかっこいいと思います。
いかにも映画撮影という感じが出ます。

電池はレンズの上に収納スペースがあります。(ELMOのロゴのところ)
posted by へいへいぽーら at 10:22| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめの8ミリカメラ(シングル8で)


その@FUJICA AX100
IMG_7542b.jpg
IMG_7535b.jpgIMG_7545.JPG

これはF1.1という明るいレンズでデパートの地下街でもよく写ります。軽くてコンパクトで気軽に撮影できます。露出計の
電池はLR44で大丈夫です。モーター駆動は乾電池の単3を2本使います。

       
posted by へいへいぽーら at 10:07| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

フイルムカメラ、そして8ミリ

フイルムもだんだん手に入りにくくなってきた。
さいごに天体写真をちゃんと撮ってみたい。

また8ミリもこの時代の風にさからうように
最後に足跡を残すため何か作品を撮って見たい。

 さらに映画監督を目指している若い人にも
中古の8ミリカメラを使って体験してほしい。

もう本当に最後になるだろうと思うから・・
・・・そういう体験ができるのも。



posted by へいへいぽーら at 23:57| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

映画作りには、まず8ミリから

16ミリよりは初心者向けだが、今やフイルムも製造終わりになって
しまって8ミリもたった2分半のフイルムが5千円どころか7千円にな
っている状況。しかし、値は上がっても細々と作り続けてくれて
現像もやってくれるのはありがたい。(レトロエンタープライズ)

カメラはヤフオクなどで昔何万円の高級機が安く簡単に手に入る。
カメラに金を出したつもりになってフイルムを買えば同じ事である。

映画をやろうと思っている若い人にぜひ8ミリカメラを体験して
もらいたい。

ただし、サウンドフイルムはもう売ってないので、サウンドカメ
ラは選ばないほうがいい。サウンドカメラでとると、もしかしたら
若干強い力で回すのでコマ数が多くなるかもしれないからだ。
それを映写するとややスローになるはず。
フイルムのなくなり方も早くなるから良いことない。

今までいいなと思ったカメラはエルモの8S-60,同じくエルモの
8S-40T、フジカのZ800、Z450、ZX550(これはサウンド)、AX100
、P-300、P-100、などである。
これらを使うには露出計の電池が何を使うか調べた方が良い。
もう今はない水銀電池などの場合があるからだ。
代用できる電池があればそれでも良いが。



posted by へいへいぽーら at 00:13| Comment(0) | 8ミリカメラ機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする